地元の活動報告

2013年10月26日(土)「実りの秋」収穫祭と石見神楽

投稿日:2013年10月26日 更新日:

9月末から10月にかけての1ヶ月間は、県内各地で収穫を祝う秋祭りがあります。

これまで私が参加するお祭りは市町村や地元商工会が主催するような大きなお祭りでしたが、初めて益田市中吉田地区のお祭り、つまり自治会単位の小さなお祭りに行ってみました。そしてこれぞ日本!という光景、農耕民族日本人の伝統文化を肌で感じました。地元の小さな神社に老若男女が集い、地域の青年が屋台を出し、神楽を奉納し、深夜まで舞う…改めてこの風習を脈々と継承している石見ってすごいなと思いました。

もちろん現代において変わってきていることはあります。昔はお祭りの日が決まっていたので平日のことも多く、お祭りの日は学校が早く終わったので子供達は楽しみにしていたそうです。現代では大人が会社を休めないのでお祭りは土日になり、自治会のお祭りが重なると神社を兼務する宮司さんが今度はスケジュール調整に苦労しています。それから市街地では深夜までというお祭りが難しくなっていること。例えば神社の前の家がうるさいと言ったら遅くまで神楽を舞えないので、22時で祭りが終わるようなところもあるとのこと。そういう意味で中吉田のお祭りは0時まで続けられるし、大人に交じって子供も神楽を舞っていて、それをおじいちゃんが嬉しそうに観ている…という何とも美しい光景でした。

石見神楽はこうやって継承されていくんですね。まもなくグラントワで開催されるワールド神楽フェスティバルで披露予定の「双剣」という舞が演目に入っていて、とても得した気分になりました。12本の剣を1人で持ち、あるいは口にくわえて踊るのですが、これをホールではなく神社の境内で観られるという贅沢!名もない地域のお祭りがとても素敵な石見なのです。

-地元の活動報告

関連記事

no image

400人の津和野踊りに向けて。

今年は亀井家が鳥取県鹿野から津和野に移封されて400年。節目の年に当たります。   5月20日(土)の週末に鹿野にある亀井家初代のお墓参りをしたのですが、すると無性に津和野に行きたくなって、 …

no image

2012年7月20日(金)〜22日(日)地元活動報告

7月20日(金) 午前便でお昼頃、出雲に到着。空港から古代出雲歴史博物館に隣接した「神話博しまね」の会場に着きました。この日は内覧会があり、簡単な式典の後、会場を見学。夏祭りのような雰囲気で飲食の出店 …

地図

■亀井あきこ 事務所 詳細

〒690-0065
島根県松江市灘町107
tel / 0852-60-5161
fax / 0852-60-5220

ソーシャルメディア

亀井あきこ事務所facebook

亀井あきこ事務所Instagram

亀井あきこ事務所Twitter

亀井あきこ事務所 ツイキャス

亀井あきこ事務所 Periscope

亀井あきこ事務所youtube