議事録

2012年2月29日(水)憲法審査会質問議事録

投稿日:2012年2月29日 更新日:

日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制に関する調査

☆議事録☆
亀井亜紀子委員
私は、成人年齢と選挙権年齢は一致することが望ましいと思っています。けれども選挙権年齢が仮に18歳に引き下がったとして、それに合わせて成人年齢も引き下げるべきかといいますと、やはりこの年齢条項に関する法令の多さから考えてもあまり現実的ではないと思います。

ではどういう場合に選挙権年齢と成人年齢を分けて論理的に成り立つかということを考えてみたんですけれども、日本の歴史を振り返りますと、やはり納税者に対してはじめに選挙権が与えられました。ですので18歳が幼稚で20歳は大人かというとこれも言い切れませんし、10代できちんと働いて税金を納めて社会参加している者もおります。

ですから一つの考え方として、18歳から20歳までの若者に、納税者に限るというような、何か条件付きで認めるような方向というのはかなり無理がありますでしょうか。またそのような議論というのは全く今まで出なかったのでしょうか。お伺い致します。

久元喜造政府参考人
突然のお尋ねでありますので不十分なお答えになるかもしれませんが、かつて諸外国の例で、一定の年齢までは必ず選挙権が与えられて、例えば兵役を全うした者には別途選挙権が与えられるというような制度は、海外では存在したというふうに考えられます。

ただ我が国におきましては、成年の普通選挙が憲法上保障されておりますので、一定の若年者に対して納税者要件を課するということは憲法と抵触するおそれが強いのではないかというふうにとりあえずは考えます。

小坂憲次憲法審査会会長
また時間がありましたら。

亀井亜紀子委員
はい。

-議事録

関連記事

no image

2013年3月25日(月)総務委員会質問議事録

行政制度、地方行財政、消防行政、情報通信行政等の基本施策に関する件 ☆議事録☆ 亀井亜紀子委員 みどりの風の亀井亜紀子でございます。 今国会の途中からこの総務委員会に異動してまいりましたので、今日が総 …

no image

2012年3月27日(火)東日本大震災復興特別委員会質問議事録

平成24年度一般会計予算等 ☆議事録☆ 亀井亜紀子委員 国民新党の亀井でございます。 今日はSPEEDIについて、その文科省の責任範囲との関連で質問を致します。 SPEEDIは正確には緊急時迅速放射能 …

地図

■亀井亜紀子 事務所 詳細

〒690-0065
島根県松江市灘町107
tel / 0852-60-5161
fax / 0852-60-5220

ソーシャルメディア

亀井あきこ事務所facebook

亀井あきこ事務所Instagram

亀井あきこ事務所Twitter

亀井あきこ事務所 ツイキャス

亀井あきこ事務所 Periscope

亀井あきこ事務所youtube