その他の活動報告

2014年9月11日(木)日本農業経営大学校を視察

投稿日:2014年9月11日 更新日:

  

独立行政法人の事業仕分けで廃止と判定された農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)の農業者大学校。私は事業仕分けに関わっていたのでフォローアップに努めています。農業者大学校については存続の要望が地元のリーダー的な農業者から複数あったのですが、とにかく農研機構の予算の使い方がひどかった為、廃止は避けられない状況でした。筑波の研究施設内に3Dドームを建設して得られた社会学的な研究成果が「農村地帯の景観には灌木が必要」と言われた時は視察団一同唖然としました。その帰りに同敷地内にある農業者大学校に立ち寄ったところ、立派な建物に研修生どころか人の気配すらなく応対した人もうまく説明できなかったので存続の可能性が萎んでしまいました。もちろん農業者の育成が必要であることは言うまでもありません。事業仕分けが示した方向性は都道府県の農業大学等の研修施設を活かして地域主体の農業を目指すというものでした。

廃止が決定した後の卒業生の動きには目を見張るものがありました。一般社団法人アグリフューチャージャパンを立ち上げ、2013年4月、東京品川にアグリフューチャージャパンが運営する農業経営大学校が開校したのです。定員20名の全寮制(寮から校舎までは50分)で研修期間は2年。旧農業者大学校の卒業生によると全寮制の意義は大きく、寮生活で得られる結束力と生涯続く交流は後々全国に散って農業に従事する上で非常に役立つそうです。だから都道府県単位ではなく全国規模の農業研修の拠点を維持しようとしたのです。

この日、私は地元島根の卒業生と共に日本農業経営大学校を視察しました。今年2月に完成したばかりの農林中央金庫品川研修センター内にある校舎には教室、ゼミ室、図書スペース、ラウンジスペース、テラスがあり、当日は授業も行われていました。都心にありながらテラスには緑もあり快適な環境でした。この学校がよい形で発展していくように見守っていきたいと思います。

-その他の活動報告

関連記事

2019年9月9日(月)川内優輝選手の激励会

 東京オリンピック・マラソン出場選手、男女それぞれ3枠のうち2人を決めるMGCが注目される中、MGC出場を辞退して世界選手権への出場を決めた川内優輝選手の激励会が学習院大学で開催されました。  公務員 …

no image

2014年10月2日(火)第78回政経文化フォーラムを開催

亀井久興が主催する政経文化フォーラムを東京大神宮マツヤサロンにて開催致しました。 今回は集団的自衛権の行使に自民党内で異論を唱える村上誠一郎衆議院議員を講師に迎え、熱弁をふるっていただきました。当日の …

地図

■亀井亜紀子 事務所 詳細

〒690-0007
島根県松江市御手船場町586-10 コスモビル
tel/0852-67-6600
fax/0852-67-6601

ソーシャルメディア

亀井あきこ事務所facebook

亀井あきこ事務所Instagram

亀井あきこ事務所Twitter

亀井あきこ事務所 ツイキャス

亀井あきこ事務所 Periscope

亀井あきこ事務所youtube