地元の活動報告

2012年11月9日(金)〜11日(日)地元活動報告

投稿日:2012年11月11日 更新日:

11月9日(金)

隠岐振興フォーラムに参加する為、隠岐の島に行きました。せっかく隠岐まで行くのだから、すぐに帰らずに2泊3日、滞在することにしました。早朝の羽田発米子便に乗り、車で七類港へ移動してフェリーおきで隠岐の島町西郷港へ。9時発のフェリーに間に合うか不安でしたが、遅延なく順調に運んでホッとしました。

主催者による昼食会の後、「隠岐振興フォーラム」の会場である隠岐島文化会館大ホールに移動しました。開会式でご挨拶した後、フォーラム参加者の発表を聞き、終盤で抜けて地元後援者を訪ねて意見交換。夜はフォーラムの交流会に参加しました。

11月10日(土)

朝食後、西ノ島へ移動。観光のついでに挨拶回りという感じで、ゆるーく活動しました。昨日フォーラムの発表で紹介された美田小学校(廃校になり、地元NPOが活用に取り組んでいる)を外から見学。その後、街を気ままに散策していたら打ち合わせ中の女性グループに遭遇してお茶をいただきました。

国賀海岸に行ったらこの日は快晴で、展望台から本土が見えました。日御碕辺りだそうです。お昼は郵便局長会の昼食会に合流。この日はたまたま島前島後の局長さん達が研修で西ノ島に集まっていたのです。すぐ向かいの民宿が経営する「コンセーユ」はおすすめのお店です。

昼食後は研修会場で局長の皆様に簡単な国政報告。その後、再びブラブラと気ままに散策し、ゲートボールに興じる方々とお話ししたり、個人宅のバラ園を見せていただいたり…早期退職して島に戻り、夢だったバラ園を実家の庭に作ってしまったというのですから驚きです。地元の方の案内がないと、こういうところはわかりません。十分に遊んでから内航船で海士町へ。暗くなる前に隠岐神社を参拝し、偶然居合わせた宮司さんに資料館を案内していただきました。宮司さんはそろそろ扉を閉めに出てこられて、私と遭遇したのでした。

後鳥羽上皇は亡くなるまでの19年間をこの島で過ごされます。そんなに長い期間だったとは知らず、島の人がおっしゃる通り、隠岐の島は思ったより気候が穏やかで住みやすかったのではないでしょうか。京都は夏は暑く冬は寒いので、周囲を他の島で囲まれた中ノ島の気候はそう悪くなかったと考えられます。「島流し」というと過酷な土地に送られて失意の内に早死にするようなイメージですが、そうではなくて、歌を詠み、蹴鞠を楽しみ、随行した官吏は島民に学問を教え、どうやら地元の人々に敬愛されて穏やかに過ごされたようなのです。海士町には何度も来ていますが、こういう視点を持ったのは初めてです。

この日の夜は、身内とも言えるメンバーで隠岐牛を堪能しました。(コーヒーブレーク参照)楽しい1日でした。

11月11日(日)
ホテルを出て午前中のフェリーで境港に到着。松江市に移動し、宍道湖畔の「カフェ・シエル・ブルー」(コーヒーブレーク参照)で昼食。その後、入院中の知人を見舞ってから出雲空港発の東京便に乗りました。

-地元の活動報告

関連記事

no image

2016年8月21日(日)広島大学「たおやかプログラム」二条オンサイト研修

   益田市二条地区の公民館で行われた、広島大学「たおやかプログラム」二条オンサイト研修の成果報告会に参加しました。これは文科省が博士課程教育リーディングプログラムとして採択したもので、学生達が地域に …

no image

2014年5月26日(月)〜27日(火)台湾駐日代表と駐大阪総領事が島根県を訪問

5月26日(月) 台北駐日経済文化代表処の沈斯淳代表(台湾大使)ご夫妻と張首席課長、台北駐大阪経済文化弁事処の蔡明耀総領事と洪部長が2泊3日の行程で島根県を訪問されました。今回の訪問については亀井久興 …

地図

■亀井亜紀子 事務所 詳細

〒690-0007
島根県松江市御手船場町586-10 コスモビル
tel/0852-67-6600
fax/0852-67-6601

ソーシャルメディア

亀井あきこ事務所facebook

亀井あきこ事務所Instagram

亀井あきこ事務所Twitter

亀井あきこ事務所 ツイキャス

亀井あきこ事務所 Periscope

亀井あきこ事務所youtube