地元の活動報告

2012年3月3日(土)〜4日(日)地元活動報告

投稿日:2012年3月4日 更新日:

3月3日(土)
午後の便で出雲に向かい、空港から大田市に直行。この週末の目的は、石見銀山世界遺産登録5周年を記念して復活した三瓶山の花火大会と、大森町の梅まつりに参加することなのです。前月、郵便局長会で大田市に来た時、この2つの企画について聞きました。冬の花火大会は空気も澄んできれいでしょうし、昨夏は震災対応で国会が開会していたので、地元の夏祭りに参加できなかったのです。そんなわけで、NHK「日曜討論」さえ入らなければ土日続けて帰れると祈るような気持ちでいたら、幸い出演依頼がなかったので、喜んで帰ってきました。

大田市内で夕食を済ませ(雛祭りなので気分はちらし寿司でしたが、適当なお店がなくてありつけませんでした…)いざ三瓶山へ。驚いたことに予想以上の渋滞で、広島ナンバーの車や石見交通の観光バス、駐車場から会場へのシャトルバス等でなかなか辿り着きません。駐車場に着く前に花火が始まってしまいましたが、車の中からもよく見え、なんとか中盤以降、フィナーレに向かって盛り上がっていく部分は正面で見ることができました。後で聞いたら2,000人の人出だったとのこと、普段静かな三瓶山にどこからこんなに集まったものか、本当に驚きました。この日は大田市内で宿泊しました。

3月4日(日)
10時からの梅まつりの開会式に出席する為、大森町へ向かいました。例年、週末1回だけで終わるお祭りが、今年は週末2回をつなげて8日間開催するとのことで、地元の商工会や観光協会もかなり力を入れていました。ちなみに石見銀山は梅の木とつながりが深いのです。その昔、江戸時代に石見銀山で働いた作業員は鉱毒を防ぐ為、マスクに梅肉を塗って粉塵を遮断したので、この辺りには梅の木が多く植えられました。昨年12月には梅の木が大田市の木に制定されました。

この日はあいにくの雨。そのせいか人出が少なく、昨晩の2,000人はどこへ行った、と思いながら開会式の後、町を散策しました。まだ知名度のないお祭りですが、前夜の花火大会とセットで宣伝に力を入れれば、今後、盛り上がる可能性はあると思います。屋台でそばやおでんをつまみ、「カフェ・カリアーリ」(コーヒーブレーク参照)で珈琲を購入。群言堂の名物猫キムチは触りたかったけど、ショーウィンドウで招き猫としてお仕事中。群言堂で買い物を楽しみ、路上に展示されていた石州瓦を見学しました。阪神・淡路大震災の後、瓦屋根は敬遠される傾向があり、地場産業の石州瓦も大打撃を受けたのですが、現在では軽量で地震の傾斜にも耐えられる瓦が開発されています。石見銀山の街並みに瓦屋根は欠かせません。一般家庭が安心して瓦を使ってくれれば嬉しいです。日本の田園風景にはやはり瓦屋根が似合うと思います。

さて、昼食は以前から入りたかった「銀の里 渡辺家 咄々庵(とつとつあん)」(コーヒーブレーク参照)でいただきました。このお店は「カフェ山桜」(コーヒーブレーク参照)の姉妹店です。偶然、隣の部屋で地元の郵便局長会婦人会の皆様が昼食会をしていて、ご挨拶に伺ったらいわゆる女子会!楽しそうでしたね…。女性が集まる食べ物屋というのは、説明しなくてもわかりますよね。(男性にはわからないかもしれませんが…。)ここでゆっくり、まったりと風流な昼食を楽しみ、大森町を後にして一気に松江市に向かいました。

この週末、唯一仕事らしい仕事、お祭りではない日程が、松江白潟地区の大橋川改修に関する説明会に参加することでした。この日は松江市長が地元住民に説明すると聞いていたので、会場の一番後ろで、松浦正敬市長の説明と地元住民の質問や意見を黙って聞いていました。この件については後日、改めて報告します。

説明会の後、会場で出会った既知の方々と近くでお茶を飲みながら意見交換し、その後、出雲空港へ向かいました。最終便で東京に到着。充実した週末でした。

-地元の活動報告

関連記事

no image

2013年9月15日(日)奥田政行シェフの出張レストラン in 阿部家の台所

  山形の大人気レストラン「アル・ケッチァーノ」の奥田政行シェフが大田市大森町の「他郷阿部家」(やどかりノート参照)の台所で島根の食材を使ったコース料理を振る舞いました。奥田シェフは地元鶴岡市で地場イ …

no image

2012年7月27日(金)〜29日(日)地元活動報告

7月27日(金) 夕方の便で出雲空港へ。土用の丑の日だったので条件反射で宍道湖畔の「味皆美 ふじな亭」(コーヒーブレーク参照)に向かい、名物の鰻まぶしをいただきました。松江はおいしいものがたくさんある …

地図

■亀井亜紀子 事務所 詳細

〒690-0007
島根県松江市御手船場町586-10 コスモビル
tel/0852-67-6600
fax/0852-67-6601

ソーシャルメディア

亀井あきこ事務所facebook

亀井あきこ事務所Instagram

亀井あきこ事務所Twitter

亀井あきこ事務所 ツイキャス

亀井あきこ事務所 Periscope

亀井あきこ事務所youtube