活動報告

「週刊新潮」の記事について。

投稿日:2012年4月5日 更新日:

4月2日(月)午後、週刊新潮の重松厚至(しげまつあつし)記者の取材を受けました。4月5日(木)発売の週刊新潮に記事として掲載されていますが、事実と誤認、脚色が組み合わさったおかしな記事になっているので訂正したいと思います。

記者が匿名記事を一方的に公表する日本のジャーナリズムに対して、私は強い問題意識を持っているので、自分の記事に責任を持つべきという思いを込めて、私はいつも記者の名前を公表しています。

この記事の何が事実ではないかというと、まず「自見庄三郎・金融・郵政改革担当相に公然と辞任を迫った」という部分と、「代表には、『官房長官と輿石幹事長を通じて自見氏を更迭すべきだと総理に伝えてほしい』と言いました」という部分です。辞任を迫ったのは私ではなくて亀井静香代表です。代表が3月30日(金)午後に官房長官と輿石幹事長に電話をして、「自見大臣を更迭すべきだと総理に伝えてほしい」と言ったのであって、私ではありません。つまり「代表には」ではなくて「代表は、『官房長官と輿石幹事長を通じて自見氏を更迭すべきだと総理に伝えてほしい』と言いました」が正しいのです。この要求は再度、4月2日(月)午後に代表が輿石幹事長に伝えています。

それから「与党の幹事長にはそれなりの旨みがあるのでしょう。」という部分も創作です。そもそも私は「旨み」なんていう言葉を遣いません。取材を受けて記事を読むと、記者が本人のコメントと自分の創作を組み合わせて脚色記事を書く様子がよくわかります。週刊誌のこの種の記事の信頼性がどの程度なのか、一つの参考になると思います。

「女を上げた」と私を褒めているのかもしれませんが、「先輩をバッサリ斬って」いないので、褒めていただかなくても結構です。

-活動報告

関連記事

no image

2012年5月19日(土)〜20日(日)・10月26日(金)〜29日(月)台湾との交流

私は国際交流に力を入れているので、超党派の友好議員連盟にいくつも加入しています。その中でも日華議員懇談会(平沼赳夫会長)は活動が非常に活発で、2012年5月には馬英九総統の就任式に議員団として参加しま …

no image

国民新党島根支部の解散について。

私の離党に伴い、4月9日(月)付で国民新党島根県支部を解散したことが、5月10日(木)付の山陰中央新報、また11日(金)付の他紙で報道されました。 私の地元事務所がなくなったのではと勘違いされる方がい …

地図

■亀井亜紀子 事務所 詳細

〒690-0007
島根県松江市御手船場町586-10 コスモビル
tel/0852-67-6600
fax/0852-67-6601

ソーシャルメディア

亀井あきこ事務所facebook

亀井あきこ事務所Instagram

亀井あきこ事務所Twitter

亀井あきこ事務所 ツイキャス

亀井あきこ事務所 Periscope

亀井あきこ事務所youtube