政策

亀井亜紀子の国づくり八策

  1. 国づくりは人づくり。子育てと教育予算を増やします。
  2. 食べることは生きること。農林水産業を振興し、食料自給率を上げます。
  3. 公的医療機関の再編統合を見直し、地域医療を守ります。
  4. 鉄道事業法を改正し、公共交通を維持します。
  5. 消費税を5%に。個人消費を拡大し、景気回復をはかります。
  6. 労働者にまっとうな賃金を。非正規雇用問題に取り組みます。
  7. 中古住宅の活用や自然エネルギーの促進等、循環型社会を構築します。
  8. 憲法9条を守り、安全保障は専守防衛に徹します。

持続可能な地域社会をつくります

  • 鉄道を存続させるために上下分離方式(下部のインフラと上部の運行・運営組織を分けること)を導入します。またパーク・アンド・ライド(最寄り駅で駐車し鉄道に乗り換えること)や客車への自転車持ち込みを推進します。
  • 営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)を推進します。水力、洋上風力、地熱等、地域に適した自然エネルギーを推進し、脱原発を目指します。
  • 有機農業を推進しトキを放鳥します。
  • 種子法を復活させ、在来種や食の安全を守ります。
  • 中海の架橋や堤防開削等、自然再生型の公共事業を進めます。
  • 郵政民営化法を見直し、郵政事業を立て直します。
  • 地方移住や関係人口の創出、鳥獣被害対策等、人口減少問題に取り組みます。

公正な社会をつくります

  • 障がい者にもわかりやすい記号式投票(チェック式)の導入を進めます。
  • 女性の政治参画を推進し、硬直化した意思決定を変えます。
  • 利権政治を止め、公文書管理を徹底します。
  • 社会全体で子どもの育ちを見守り、シングルマザー等、社会的弱者を支援します。
PAGE TOP