地元の活動報告

2020年7月17日(金)江の川流域の被災地へ

投稿日:





 7月14日(火)、一昨年の夏に続いて氾濫した江の川流域の被災地を視察しました。江の川は広島の山間部で大雨が降ると氾濫するという傾向にあり、西日本豪雨の時にも同じ場所、具体的には江津市の川平地区と桜江町の田津地区が浸水しています。一昨年、農山漁村ミーティングに出席するために来県した枝野代表が、急遽予定を変更して視察したのもこの地区です。

 川の本流の水位が上がっているため、支流が合流地点でせき止められて氾濫するバックウォーター現象は、西日本豪雨で被災した岡山県真備町の事例で知られるようになり、江の川の氾濫も同じ原理です。

 去年よりは浸水地域が狭く、人的被害はなかったのですが、短期間に2回も被災するのではたまりません。堤防の整備が一部未完で被災した地域と、地形上、遊水池として氾濫を繰り返す中で土が運ばれてくる農地があり、地域の方々の声を聞きながら対策を進める必要があります。空き家が多く、堤防整備より移転を進めた方が合理的な場所もあり、個別の対応が必要です。この日、初めに市役所を訪問し、市長にも面会しました。一昨年のこともあって状況はよく理解されているので、私もできる限りのサポートをしていく所存です。

-地元の活動報告

関連記事

2018年8月4日(土)津和野スクール

 少し前ですが、8月4日、津和野町で県道の開通式典があった日、私はもう一つ津和野で関わっている活動の為に前日から現地入りしていました。  津和野スクールというイベントで、今年は津和野高校グローカルクラ …

no image

2012年7月6日(金)〜8日(日)地元活動報告

7月6日(金) 飛行機の便を1便遅らせ、亀井静香先生、田中康夫先生、阿部知子先生と一緒に「紫陽花革命」と言われている官邸前のデモに加わりました。今、起こりつつある市民のうねり、その声を自分で確かめたか …

地図

■亀井亜紀子 事務所 詳細

〒690-0007
島根県松江市御手船場町586-10 コスモビル
tel/0852-67-6600
fax/0852-67-6601

ソーシャルメディア

亀井あきこ事務所facebook

亀井あきこ事務所Instagram

亀井あきこ事務所Twitter

亀井あきこ事務所 ツイキャス

亀井あきこ事務所 Periscope

亀井あきこ事務所youtube